ヒナタ文学堂|観光スポット|観光情報|公式ブログ

大崎上島町の観光案内・築100年の古民家を活用したヒナタ文学堂です。大崎上島の観光案内のホットな情報を掲載しています。写真・観光スポット・観光の見どころをご紹介しています。

全国各地に観光スポットがありますよね。

実は、広島県で注目されている離島があります。

その名は、大崎上島という田舎の離島です。

ここの観光は、自由と発見「私だけの大崎上島」です。

つまり、旅をする人の感性で気づき発見する旅行です。

一人一人が自由に旅をして、いろんな発見があります。

そんな、楽しくて、気ままな旅、それが、大崎上島の観光。

もちろん、おすすめホットスポットもあります!

広島県大崎上島町東野・矢弓地区です。

ここは、文化と歴史を発見できる観光スポットです。

大崎上島町で初!の観光案内所・ヒナタ文学堂!

矢弓・観光は、ヒナタ文学堂へ遊びに来てください。

観光案内所・ホームページ

http://www.hyuga-yuichi.com/kankou/kankou.html

広島県大崎上島町のガイドブックに関して。

見どころ満載なのですが、

やたらと、ガイドブックは偏った情報があります。

大崎上島の観光は、まだまだ、発展途上です。

そんなにネガティブにならず、と思いたいです。

私たちの大崎上島は、楽園へと目指しています。

楽園の離島を実現するために、日々努力です。

そして、行動力と実践を心がけています。

正直、国が政策する観光を目指していません。

私たちの愛する大崎上島は、文化と歴史です。

実は、この離島社会は、文化と歴史が満載です。

広島県大崎上島町のガイドブックだけではなく、

一人一人の「私だけの大崎上島」を発見してください。

大崎上島の観光案内所は、古民家・ヒナタ文学堂です。

ここの観光案内所は、地元の島民によって設立されました。

とくに注目して頂きたいのは、大崎上島町東野・矢弓です。

矢弓地区は、まさに!文化と歴史を発見!できる場所です。

詳しくは、観光案内・観光案内所・ヒナタ文学堂へ。

公式ホームページ

http://www.hyuga-yuichi.com/kankou/kankou.html

私たちの住む日本国も時代適応してゆきます。

時代の方向は、常に変革して、新しい時代です。

世の中は、矛盾が多く存在していることも事実です。

だからこそ、より誠実で謙虚な姿が求められます。

つまり、私は一般人として時代適応を提言します。

そして、一生、在野の詩人として一生懸命に歩みます。

矛盾とは、あらゆる人間関係でもあり、娯楽化です。

つまり、エンターテインメントは、矛盾なのです。

だからと言って、私は否定も批判も、まったくない。

伝統とは、各家庭の伝統文化歴史もあり、複雑化です。

この複雑化と多様化が現代社会の問題点だと感じます。

私たちの日本国も世界各地で活躍して社会貢献しています。

しかし、善い人間関係ではない一部の人たちが存在します。

今こそ、誠と正義に満ちあふれた世界を創ることです。

利権と政治、お金と政治、経済と政治、甘い果実と人間。

しがらみの多くは、矛盾した一部の人が世界を乱しています。

絶対的・完治する・完璧などは、この世に存在しないのです。

そのことを、しっかり考えて行動力で発信する時期であります。

まさに、時代は猛進してゆき、愛と平和の楽園へと導きます。

私も善い仲間・善いご縁を尊く感じて、新しい時代へと歩みます。

我が家のご先祖様も有司・名士である。

だからこそ、損得計算はありません。

我が家の志とは、意志・信念である。

好きな人・嫌いな人が存在するのは、

当たり前の人間関係であります。

だからこそ、心眼と感性が最も尊いです。

それは、我が家の生きる道筋でもある。

人を判断する時こそ、真の誠と正義である。

我が家も新しい時代へと猛進してゆきます。

http://www.hyuga-yuichi.com/kotoba/kotoba.html

広島県大崎上島は、楽園の離島へと前進しています。

そこで課題となるのは、「ぼっとんトイレ」なのです。

近代化、新しい時代を創るためには、トイレ改革です。

この課題を直視してこそ、真の離島社会であります。

しっかり町議会議員の先生は、トイレ改革すること。

つまり、議題の一つは、「近代化に向けたトイレ」です。

「ぼっとんトイレ」は、時代遅れのトイレであります。

しっかり町議会議員の先生も、討論・議論してください。

トイレは、町づくり、観光づくり、地域づくりに重要です。

ちなみに、我が家のトイレは、永年、ウオシュレット式です。

トイレこそ、時代適応してほしい要望の一つであります。

経済第一、景気回復は、夢幻であります。

そして、観光の氷河期に入ると予想します。

世界的に暗黒時代であり、絶望なのです。

しかし、メディア、マスコミが中心であります。

ですから、情報に左右されない意志が大切です。

絶望か希望かは、一人一人の意志であります。

世界的に経済格差・不景気となっています。

だからこそ、私たちは、希望を信じることです。

現実は、観光の氷河期に入ると感じています。

冷静な判断力が必要であり、リーダーシップです。

しっかりしたリーダーを導く時期でもあります。

ですが、政治家に期待することは、まったくない。

つまり、真の民間リーダーが必要とされています。

もちろん、一人では無力であり、協力関係です。

私たち民間の団結力こそ、新しい価値観の創造です。

観光の氷河期に入る、それは、現実に存在します。

新しい地域づくりをするために、私も努力します。

お金と物質、精神世界の安定こそ、平和であります。

せっかくの人生、広い善い人間関係でありたいです。

「絶対的」とは、この世に存在しない生命の秩序です。

地球に優しく、自然の尊さに人類は気づくことです。

自然があってこそ、人類の暮らし・生活は成り立ちます。

経済、経済、経済は、固定概念として間違っています。

今こそ、強いリーダーシップを発揮するときであります。

宇宙から地球を見ると美しい、清らかな命と魂です。

私たちは、「みんな地球人」であると強く感じています。

愛と平和の地球、希望の朝、自然の秩序と歴史です。

目先の欲望・損得計算ではなく、真の人間関係です。

私は詩人の感性で地域づくりを一生懸命に頑張ります。

広島県の離島・大崎上島は、瀬戸内に浮かぶ島。

瀬戸内のほぼ中央に位置する離島であり、柑橘類が豊富。

今現在、観光、観光事業に力を入れている離島の一つ。

大崎上島は、橋の架かっていない島、それが、魅力である。

しかし、数多くのメディアに取り上げられているが成果が少ない。

その現実を直視してこそ、観光の役割は見えてくると思う。

とくに、資源・産業が盛んではない大崎上島の現実もあると思う。

観光、観光事業は、まだまだ、これから発展さてゆくことである。

ここの離島は、経済格差も現実の課題としてあり、教育の島である。

しかし、教育には、各家庭の経済力が重要であるからこそ、雇用。

雇用を増やしても、所得格差もあり、なかなか、厳しい現実の離島。

だが、若者を中心に地域改革・改善を民間主体で実施している。

絶望の離島社会ではなく、希望・勇気・平和の離島社会へ前進。

しかし、過疎化、大崎上島町の財政が赤字運営の現実もある。

だからこそ、大崎上島町議会、議員(政治家)の先生がリーダー。

民間、行政、政治の三位一体化の実現こそ、離島の希望である。

大崎上島は、島民(町民)一人一人が郷土に誇りを持つことである。

そして、移住者との人間関係も重要であり、即戦力の人材が必要。

グローバルな世界と、異文化交流、そして、価値観の創造が重要。

だからこそ、大崎上島町として政策・公約の実現化も協力すること。

この離島には、橋を架けない・観光・観光事業も前進すること。

橋が不要の大崎上島町、新しい郷土・大崎上島町を前進すること。

とにかく、広島県大崎上島町の秩序と歴史を守る離島社会であること。

新しい時代に向けて、島民(町民)の主体的に地域活動が重要である。

↑このページのトップヘ